はじめての不動産売却

不動産売却の種類

売却を行う際に不動産会社に依頼する場合は媒介契約を締結します。また、媒介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類があります。いずれも基本的な契約内容は同じですが、それぞれ特徴があります。どの種類の媒介契約を選択するかは、どのように売却活動を進めていくかなど、考えている売却方針を踏まえて、自分の意思で選ぶようにしましょう。ここで、3種類の主な相違点をあげてみます。

専属専任媒介契約
仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することは契約で禁じられています。また、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、依頼した不動産会社を通して取引することが、契約で義務づけられています。
このように、専属専任媒介契約は、売却活動の全般を1社に任せる契約です。ただし、専属専任媒介契約は依頼者に対して拘束力の強い契約ですので、専属専任媒介契約で仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務については、いくつかの法規制があります。

専任媒介契約
専属専任媒介契約とほぼ同様の契約ですが、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、不動産会社を通すことなく契約することができます。

一般媒介契約
複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる契約で、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく契約することができます。ただし、最終的には、どの不動産会社を通して取引を進めるかを決めることとなります。一般的には、有力な購入希望者を紹介した不動産会社と取引を進めることが多いようです。

 

不動産売却仲介や他の

不動産を売却するときは、「売却仲介」以外にも「現金買取」や「任意売却」のいずれかの方法をとることになります。高く売りたいのか? 早く売りたいのか? それとも、売らなければならない事情があるのか? ご検討時の状況によって最適な売却方法は異なります。以下でそれぞれの特徴を見ていきましょう。

売却仲介

不動産業者に仲介役となってもらい、紹介された買主へ物件を売却する方法です。仲介手数料がかかり、また買主が見つかるまで時間を要しますが、続いてご紹介する現金買取よりも高く売れるケースが多くなっています。

<売却時期>
■購入者が見つかり次第(3~6ヶ月が目安)
<諸経費>
■仲介手数料(物件価格の3%+6万円、消費税)
■印紙代
■登記費用
■リフォーム代(リフォーム等が必要な場合)
■抵当権抹消費用(ローン残債があり、抵当権が設定されている場合)
<税金>
■譲渡税(売却して出た利益に対する所得税・住民税)

任意売却

住宅ローンを払えなくなった際に、不動産会社を通じて自分の意思(=任意)で物件を売却する方法で、売却で手に入れたお金を住宅ローンの返済にあてることができます。 住宅ローンの滞納を放っておくと、その物件は債権者から強制的に競売にかけられてしまうことになります。競売にかけられると、落札価格は市場の相場の5~7割程度と損をしてしまいますが、競売前に任意売却を行うことで、市場の相場に近い金額で物件を売却することができます。

<売却時期>
■購入者が見つかり次第(3~6ヶ月が目安)
<諸経費>
■仲介手数料(物件価格の3%+6万円、消費税)
■印紙代
■登記費用
■抵当権抹消費用(ローン残債があり、抵当権が設定されている場合)
<税金>
■譲渡税(売却して出た利益に対する所得税・住民税)

※場合によっては、仲介手数料や諸費用や諸経費は債権者の同意を得て、売却代金から頂くケースがありますので、抵当権の抹消手続きに必要な司法書士報酬等も、債権者の同意により売買代金から配分(支払い)されます。

現金買取

物件を直接不動産会社に買い取ってもらう方法です。売値は市場価格より下がりますが、購入希望者を見つけるための期間を待たずに現金化できます。

<売却時期>
■即時(7~30日程度)
<諸経費>
■印紙代
■登記費用
■抵当権抹消費用(ローン残債があり、抵当権が設定されている場合)
<税金>
■譲渡税(売却して出た利益に対する所得税・住民税

不動産売却を決めたら

不動産売却を決めたら、まずは当店にお気軽にご相談ください。
幾らで売るのかだけではなく、どのように売却した方が一番良いのかを、お客様と一緒に考え、最善の方法での売却を手助けいたします。
相談したら営業の電話等がかかってくるのではないか、売るか売らないかまだはっきりしていないけど相談だけしてもいいのか、近所には知られたくないなどなど、不安な気持ちがたくさんあるかもしれませんが、お気軽にご相談ください。
しつこい営業電話も、近所に知られることも一切ありませんので安心してご相談ください。

電話は時間も勇気もないと言う方は、メールでのご相談にも対応しておりますので、そちらの方もご利用ください。当店では、大切な不動産を無駄にしないためにも、信頼できるパートナーとして精一杯頑張ります。

お問合せ先